健康を目指しつつしっかり歩くためにグルコサミンをとろう

女の人

工夫次第で好みの味に

飲料

青汁は苦くてドロドロで飲みにくいと思っている人は多いでしょう。しかし、少しレシピに手を加えることで自分好みの味で楽しむことができます。青汁とは、一般的に緑黄色野菜を絞って作った飲み物のこと。食物繊維が豊富なのはもちろん、お肌にも良い多くのビタミン、摂取しにくい葉酸、カリウムなど多くの栄養素が詰まっています。ダイエットや野菜不足を感じている人にとってもよいでしょう。青汁のレシピは簡単です。まず材料ですが、一般的に大麦若葉やケールなどを入れます。それらが手に入りにくい場合は、小松菜や水菜、パセリなど栄養素の高い野菜で作ってもよいでしょう。それらの緑黄色野菜をミキサーに入れれば完成です。ドロッとしているので牛乳や豆乳、水を加える人もいます。サラサラになるようにガーゼで絞って繊維を取るとさらに飲みやすくなります。お好みでバナナや、りんごなどのフルーツを入れてもよいでしょう。フルーツを加える事で美肌効果やダイエットにもおすすめです。コーヒーやラテにプラスして入れても意外と美味しいようです。さらに、青汁をいろいろな料理に混ぜて使うことも出来ます。ホットケーキやヨーグルト、クッキーやパンの生地に入れてもよいでしょう。そうすれば見た目も爽やかな緑色で、風味も変わるのでさらに美味しく食べることができます。青汁もレシピ次第で色々な物に応用できるのです。苦手だと思っていた人も、レシピを工夫し好みの食べ方を見つけることで美味しく青汁を取り入れてみましょう。