健康を目指しつつしっかり歩くためにグルコサミンをとろう

女の人

膝の負担が痛みの原因

膝を押さえる人

腰痛や肩こりと同じように多くの人が悩んでいるのが膝の痛みです。階段の上り降りや立ち上がるときに膝が痛むなど、日常生活のあらゆる場面で痛みを感じることがあるでしょう。運動を始めたら膝が痛くなったという人も多いでしょう。どのように過ごしたら膝の痛みが改善されるかご紹介します。
膝の痛みに関係するのが加齢です。軟骨という水分を含んだ柔らかい物が、膝への負担を軽減するクッションの役割を果たしています。しかし、軟骨は歳を重ねるにつれ体内で生成されにくくなります。また、階段の上り降りや激しい運動など日常生活で軟骨は擦り減るのです。軟骨というクッションが減った結果、骨同士がぶつかり痛みが起こります。痛みを庇うように偏った歩き方をして状況を悪化させることもあります。運動不足でも膝の痛みに影響することがあります。太ももや足の筋肉が運動不足により硬くなると、膝の周りも硬くなります。硬く動きが悪いことで膝が痛むこともあるのです。膝の痛みを改善するには、適度な運動で筋肉をつけるのもよいでしょう。ストレッチで膝の周りをほぐし膝の柔軟性を高めます。痛みの酷いときは決して無理をしないように気をつけましょう。また、食べ物やサプリメントからすり減った軟骨のケアをすることが大切です。軟骨の成分を再生するにはやはりグルコサミンが1番効果的です。他にも骨や筋肉の栄養となる食物もしっかり取るとよいでしょう。筋肉を作るためにタンパク質やビタミンB6の多い物を。骨についてはカルシウムはもちろん、ビタミンDやビタミンKなどを摂取するとよいでしょう。日頃の膝の負担を軽減するためにサポーターを使うのも効果的です。